医療法人社団一心会 初富保健病院

イベント

<〝訪問によるレントゲン〟を行なっています>

2020年11月11日更新

~画像連携センター~

 101日より、放射線部門、生理検査部門、臨床検査部門の3つが合併し、新たな診療技術部 画像連携センターが始まりました。その業務のひとつ、患者様のご自宅や介護施設の入居者様に伺って行うレントゲン撮影「訪問画像診断」システムをご紹介いたします。

え? 自宅内や施設内で「レントゲン撮影」をして良いの?

と思われがちですが、法的には認可されており、撮影の適用や放射線防護処置、標識などしっかりした安全管理をすれば全く問題ございません。

 特に最近は、機器の小型軽量化やレントゲンフイルムがデジタル電子無線化に移行され、目を見張る進化を遂げており、新しい分野「診える在宅医療」として医療業界で期待されています。病院内ありきであったレントゲン装置は、患者様無移動、レントゲンシステム有移動の時代です。

- 持ち運ぶX線発生装置、その周辺装置をご紹介 ―

当院は健診や災害も含めた万能に対応するためそれぞれ目的に応じた2台を備えています。

 ・移動型X線撮影装置 <健診、災害時など高出力による汎用型タイプです> 

移動型X線撮影装置.jpg

・小型X線発生装置 <ご自宅や限りある場所に適した小型軽量タイプです> 下左図

移動式小型X線撮影装置.png

・デジタル通信システム<フイルムや伝票用紙を要せず 全てオンライン化しました>上右図

― 実際の施設訪問撮影の様子をご紹介 ―

なつみの郷.jpg

 出勤調整が困難なスタッフ様に対して健診用胸部レントゲンを自施設屋内で行えるのは、大変ありがたいとのことだそうです。

船橋あさひ苑.jpg

 今までは、施設スタッフ様が100名を超える入居者様を市内の病院へ小分け搬送し、半年間を費やして運用してきた検診レントゲンだったそうです。それを1日足す半日で終了し結果も迅速にお返しできたこと大変喜んでいただけました。

初富の里.jpg

初富の里2.png〝うつさないうつらない〟 感染症への気配りは、欠かせません‼。

― 当院のシステム特徴をご紹介 ―

 X線フイルムからデジタル化への利用は、すでに沢山の病院で取り入れており広く実用化され、在宅や施設屋内での撮影は出来ています。ですが、それらは一旦帰院し、処理をしなければ画像はリアルタイムに格納されないのが現状です。加えて伝票のやり取りも常に存在しなければなりません。

訪問画像システム紹介HP用.jpg

 当院はそこに着目し、VPN接続を利用しセキュリティを保った上で全てWii通信にて、オーダーも撮影も結果も全てオンラインでの格納迅速処理を実現しました。したがって訪問診療分野はもちろんのこと、何よりスピードが必要な緊急時や災害時に役立つと考えています。

ご存知のように世の中は〝第5世代移動通信システム 5G〟の新しい時代を迎えています。本システムはさらに発展すると思われ、皆様への地域医療にもっともっと貢献できるよう尽力する所存です。

イベント
Event

医療法人社団一心会 初富保健病院

トップページ
お知らせ一覧
イベント一覧
採用情報一覧
院長室より
初富保健病院について
院長挨拶
基本理念
概要・沿革
フロアマップ・院内施設
外来のご案内
外来の流れ
診療科のご案内
外来診察予定表
入院のご案内
医療療養病棟について
地域包括ケア病棟について
医療福祉相談室について
部門のご案内
看護部
リハビリテーション部
画像連携センター『こころ』
カルナコネクトのご紹介
初富健診センター『なごみ』
健康診断のご案内
在宅支援のご案内
訪問診療
訪問リハビリテーション
通所リハビリテーション
初富訪問看護ステーション
交通のご案内
送迎バス時刻表
送迎バス乗り場への順路
採用情報
看護部スタッフからのメッセージ
福利厚生について