医療法人社団一心会 初富保健病院

作業療法

作業療法について

作業療法の「作業」とは、食べたり入浴したり散歩したり、人の日常生活に関わる全ての諸活動を指します。セルフケア・家事・仕事・余暇・地域活動など、個人と社会とをつなぐ接点が作業です。
当院での作業療法は、病気やけがなどにより生活に不自由を生じている方の悩み・要望を把握し、現在の心身機能を評価することから関わりはじめます。患者さま・入所者さまのそれまでのくらしにあった活動や作業を通して、機能回復や残存能力の向上を図りながら短期・長期的な目標を達成できるようリハビリをしていきます。

作業療法士

身の回りの動作やもの作り・遊びなどの作業活動は、五感を刺激し、手足の運動を促し、考えるきっかけとなり、コミュニケーションを生みます。出来なかったことができるようになる、楽しみの活動ができる、という体験は、自信につながっていきます。安心できる・元気になれる場所の存在や、患者さま・入所者さま同士の交流、そのままの自分を受け入れてくれる人が作業場面にはあります。そういった中で生きがいや楽しみを見つけ、主体性を持った生活ができるように、QOL(生活の質)が向上するために、作業療法士はお手伝いをいたします。

当院で行う主な作業療法

各種道具を使った訓練

各種道具を使った訓練各種道具を使った訓練

作業療法で使用する道具は、医療用のものもありますが、家庭にもあるようなものを使う事も多いです。患者さま・入所者さまの機能に合わせて、いつ・どのような道具を使うかはプログラムに応じて選んでいます。
現在作業療法室で使用している道具の中には、作業療法のリハビリ場面で患者さま・入所者さまが作成されたものも多くあります。これは当院に入院・入所されている方々に必要な機能を備えたオリジナルです。こういった意味でも、作業療法室での作業を通じて人と人とがつながっているのだと思っています。

自助具や機器、お箸やスプーンを使って食事動作の練習をしたり、ブラシやタオルを持って整容動作にチャレンジしたり、実際の日常生活の中で出来ることが増えるように、少し先の生活を具体的に考えながら、動作方法を一緒に考えていきましょう。

創作活動・趣味活動

創作活動・趣味活動創作活動・趣味活動

季節や行事に合わせた装飾物を創作したり、書道や塗り絵・ちぎり絵や手工芸・囲碁将棋・麻雀などの趣味活動に取り組まれる患者さま・入所者さまは多いです。作業をすることには機能訓練の側面もあり、「訓練」と意識しなくても治療効果を臨めるところがこの活動の特徴です。難しいところは、環境設定をしたり作業療法士がサポートしたりして、楽しんで活動を進めていただけるよう配慮をいたします。
出来上がった作品は作業療法室の中に展示しています。

部門のご案内
Departments

医療法人社団一心会 初富保健病院

トップページ
お知らせ一覧
イベント一覧
採用情報一覧
院長室より
初富保健病院について
院長挨拶
基本理念
概要・沿革
フロアマップ・院内施設
外来のご案内
外来の流れ
診療科のご案内
外来診察予定表
入院のご案内
医療療養病棟について
地域包括ケア病棟について
医療福祉相談室について
部門のご案内
看護部
リハビリテーション部
画像連携センター『こころ』
カルナコネクトのご紹介
初富健診センター『なごみ』
健康診断のご案内
在宅支援のご案内
訪問診療部
訪問リハビリテーション
通所リハビリテーション
初富訪問看護ステーション
交通のご案内
送迎バス時刻表
送迎バス乗り場への順路
採用情報
看護部スタッフからのメッセージ
福利厚生について