医療法人社団一心会 初富保健病院

院長室より

アクセス、ありがとうございます

2020年01月06日更新

1、 初富の地(フロンティア)に初富保健病院
明治2年(1869年)明治新政府によって「初めて」開拓が行われた土地(フロンティア)、それが「初富」です。昭和58年(1983年)、この「初富」の地に「初富保健病院」がオープンしました。わが国で慢性期医療を担う病院としては、最大の規模であり、ベッド数は640です。平成31年(2019年)2月に320床を介護医療院に転換しました(千葉県初、全国最大規模)。介護医療院とは、医療と介護とリハビリが支える「ゆったりとしたお住まい」です。

2、 現在の初富保健病院:「優しく、優しく、もっと優しく」(優しい接遇、拘束ゼロ、生花の香り)
現在の初富保健病院の特徴は、「優しく、優しく、もっと優しく」です。職員は「優しい接遇」を提供いたします。身体拘束も薬物による拘束もゼロです。院内にはいたるところに生花が飾られ、「癒しと安らぎの空間」が生まれております。職員にも、患者・入所者の皆様にも、そしてご家族にも笑顔があります。

3、 これからの初富「令和のフロンティア病院」
初富保健病院の将来ビジョン、それは「令和のフロンティア病院」です。患者満足度だけでなく、日本最高レベルの職員満足度をめざします。そして次のような新規事業を行います:(1)全く新しい概念の地域包括ケア病棟「リターン」(早く元気になって家に戻りたいという方の病棟)を開設。(2)画像連携センター「こころ」を開設(サイレントMRIと瞬間撮影CTを導入)。(3)初富健診センター「なごみ」を開設(脳ドック、職員ドック、企業健診、ご家族ドックなど)。
このブログにアクセスしてくださった皆様、本当にありがとうございます。そしてこのような病院の特徴と夢が、「優しさ、穏やかさ」という花束になって皆様のお気持ちに届くよう、職員一同努力してまいります。

院長 唐澤秀治

院長室より
Blog

医療法人社団一心会 初富保健病院

トップページ
お知らせ一覧
イベント一覧
採用情報一覧
院長室より
初富保健病院について
院長挨拶
基本理念
概要・沿革
フロアマップ・院内施設
外来のご案内
外来の流れ
診療科のご案内
外来診察予定表
入院のご案内
医療療養病棟について
地域包括ケア病棟について
医療福祉相談室について
部門のご案内
看護部
リハビリテーション部
画像連携センター『こころ』
カルナコネクトのご紹介
初富健診センター『なごみ』
健康診断のご案内
在宅支援のご案内
訪問診療部
訪問リハビリテーション
通所リハビリテーション
初富訪問看護ステーション
交通のご案内
送迎バス時刻表
送迎バス乗り場への順路
採用情報
看護部スタッフからのメッセージ
福利厚生について